参考サイト

私は放送局のリポーターになったときに、会社から特別無線技師の国家試験を受けるように言われました。 それで、講習を受けて国家試験を受けたのですが、満点で合格しました。 しかし、リポーターをやめてから、その免許は何の役にも立たなくて、あんなに一生懸命勉強したのに、残念だなと思います。 リポーターの仕事は難しかったですが、同時に楽しくもあり、あっという間に1年が過ぎて行きました。 今でもニューヨークに行くと、ニューヨークから生放送でリポートをしていますが、リポーターの仕事をしていたのは、母が聞いて喜んでいたからで、母が亡くなってから、私もすっかりリポーターの仕事をする気分になれなくなってしまいました。 リポーターの仕事は母のためでした。
  • ※破産宣告する前に必読。自己破産の仕方を解説。
  • まちみなと会